トピックス

2017.05.07

強制執行が容易になるか?

裁判所が金融機関に直接照会し加害者の預金口座の差押えが容易になるような制度を民事執行法改正により創設することが法制審議会で議論されている、と日本経済新聞が報じています。

強制執行は、差し押さえる側が「●●銀行●●支店」と特定しなければならないのが現状ですが、交通事故の相手方のような、これまで関係の無い相手方のような場合、適切な特定をすることは困難です。

昨年同様の報道があった際には事件の類型による縛りはなかった記憶ですが、報道のされ方を見ると、犯罪被害者の場合など、一定のケースに限定された制度になるのかも知れません。今後が注目されます。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«5月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

ブログ内検索

フィード

移転しました(2021年5月10日)

おおだけ法律事務所
〒196-0003
東京都昭島市松原町4丁目11番17号
拝島・西武ビル3階

  • TEL:042-533-7112

 ブログ

この上でダブルクリックをして画像やリンクを挿入しましょう。

Copyright (C) 五日市法律事務所 All Rights Reserved.