トピックス

2017年08月

2017.08.16

【判例紹介】【離婚・男女】浮気の慰謝料、破産したら払わなくて良い?

 平成28年3月11日東京地裁

【事実関係】

H21.8 原告と夫が結婚

H25.12 原告夫と被告が親しくなり不貞。いわゆる浮気の関係に

H27.7 被告が破産

H27.9 被告が免責許可決定(債務を支払わなくて良いとする裁判)をうける

 原告は、原告夫と被告との浮気の関係により精神的苦痛を被ったとして損害賠償請求訴訟を提起。

 被告は、浮気を争うことはしなかったが、上記免責決定により慰謝料請求権についても免責されていると主張。

 他方、原告は、原告の被告に対する慰謝料請求権は、免責されることのない債権(非免責債権)、具体的には「破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権」(破産法253条1項2号)であるとしてこれを争った。

【結論】

 原告の請求を棄却。つまり、被告の主張を認め免責を認めました。

 裁判所は破産法253条1項2号の「悪意」について、故意を越えた積極的な害意をいうとしたうえで、被告の浮気行為について「本件に顕れた一切事情から窺われる共同不法行為者である原告夫の行為をも考慮すると、被告が一方的に原告夫を籠絡して原告の家庭の平穏を侵害する意図があったとまで認定することはできず、原告に対する積極的な害意があったということはできない」と判断し、原告の慰謝料請求権を免責債権であると認定しました。

 破産法253条1項2号の「悪意」は上記のような解釈をとるのが通説です。もっとも、どのような場合に「故意を越えた積極的な害意」があるのかは明確ではありません。

 本件の場合、被告は原告夫が既婚者であるということはわかっていたようです。しかも、被告の夫(本件はいわゆるダブル不倫だったようです)から注意されたことがあったにもかかわらず、被告は不貞の関係を維持していたようです。

 「被告が一方的に原告夫を籠絡して原告の家庭の平穏を侵害する意図があったとまで認定することはできず」と裁判所は認定して非免責債権には当たらないと判断しています。

 不貞の関係がどちらかの一方的な「籠絡」により発生することはなかなか無いでしょうから、当該裁判所の認定に従えば、不貞、いわゆる浮気の慰謝料のほとんどは、浮気相手に破産されてしまうことにより取れなくなってしまうことになりかねず、個人的には疑問ですが、こういったリスクがあるという意味では参考になる判決です。

カレンダー

«8月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

ブログ内検索

フィード

事務所案内

五日市法律事務所
〒190-0164
東京都あきる野市五日市190番地
なごみの森ビル4階

  • TEL:042-533-7112
ご相談依頼はこちら

 ブログ

この上でダブルクリックをして画像やリンクを挿入しましょう。

Copyright (C) 五日市法律事務所 All Rights Reserved.