トピックス

2020年12月

2020.12.02

年末年始、万が一交通事故に遭ったら

 年末年始、万が一交通事故に遭ったら

 

 年末年始は交通事故が増える時期だそうです(今年は帰省ラッシュはないかもしれませんが)。皆様も車を運転する場合には是非ともお気を付けください。

 運悪く、事故に遭ってしまったような場合、人命優先は当然のこととして、以下の事を心がけると良いと思います。

 

1 現場の保存を意識する

 信号待ち中に追突された、というような場合を除き、相手が100パーセント悪い、ということはそれほど多くありません。過失割合に争いが生じた時のために、事故直後の状況はなるべく写真を撮るなどしておきましょう(ドライブレコーダーも動かぬ証拠として強い武器となります)。

 警察への連絡も怠らないようにしましょう。怪我をした場合は尚更です。

 たまに「全部支払うから警察には通報しないで欲しい」「違反点数がマズいので人身にはしないで欲しい」と言ってくる人がいますが、私は、応じないようにとアドバイスしています。特に怪我をした場合には、必ず人身事故として届けるよう勧めています。

 「全部支払う」といっておきながら払われなかった、ということも多々あります。また、人身事故として届け出ると刑事事件として扱われるので、現場については実況見分が行われ、しっかりした図面が作成されます(物損扱いの場合、刑事事件とはなりませんので、厳密な見分は行われず、図面もフリーハンドで書いた程度のものしか残りません)。実況見分調書の記載が過失割合の決め手となった事例は、いままでたくさんありました。

 

2 謝っても良い

 自分の方が悪かった、と思う事故であれば、素直に謝罪しておきましょう。交通事故トラブルは、事故そのものというよりも、事故後の対応が悪かったので気分を害した、ということがきっかけになることが少なくありません。謝罪をすると100%払わないといけなくなる、ということもありません。

 

3 相手から「念書」をとった方が良いか?

 「全部払いますと言った」「全部払いますという念書を取った」というケースがあります。このような念書は、効果があるかというと少々疑問です。

 私は、このようなケースで、加害者側(念書を書いてしまった側)として対応したことが何度もありますが、いずれも相手側(念書を取った側)の思い通りにはさせませんでした。無理に脅してこのような念書をとっても無効ですし、「全部」と言ってもその「全部」というのは、「相手の良いなりになる」という意味ではありません。「(法律に従って払わなければならない)全部」という意味に捉えることもできるわけです。 

 従って、相手から前記のような念書をとってもそれほど意味がありません。強いて言えば「本件は自分が追突したので過失の全ては自分にあります」とか、「駐車中の車に自分がぶつかってしまいました」というような、事故態様を記した上での過失に関する内容であれば、まだ意味はあると思います。

カレンダー

«12月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

ブログ内検索

フィード

移転しました(2021年5月10日)

おおだけ法律事務所
〒196-0003
東京都昭島市松原町4丁目11番17号
拝島・西武ビル3階

  • TEL:042-533-7112

 ブログ

この上でダブルクリックをして画像やリンクを挿入しましょう。

Copyright (C) 五日市法律事務所 All Rights Reserved.