トピックス

離婚・男女関係

2017.09.20

強制執行が容易になるか?その2

 強制執行の制度について、法制審議会が中間試案をとりまとめています。

http://www.moj.go.jp/shingi1/shingi04900332.html

中間試案では、金融機関から債務者の預貯金債権に関する情報を取得する制度、債務者の給与債権に関する情報(勤務先の名称及び所在地)を取得する制度が提示されています。

前にも書きましたが、強制執行するには対象となる財産のありかを、差し押さえる側が特定しなければなりません。

夫婦関係にあった2人が離婚するにあたって、未払いの金銭回収のために給与債権を差し押さえるということは可能だとしても、個人的つながりのない、例えば交通事故のような赤の他人同士のトラブルの場合、なかなか勤務先までは判明しません。

強制執行が確実にできる、回収できるという環境作りは、裁判制度そのものの信頼性に直結します。判決では勝てるだろうけど回収は難しい、そう説明せざるを得なかった事案はこれまで多くありました。本当に何も持っていない人から取ることはできませんが(これを手元不如意の抗弁と言ったりします)、支払えるのに上手に逃れている人がいる、という事態がなるべく減ることを期待します。

2017.08.16

【判例紹介】【離婚・男女】浮気の慰謝料、破産したら払わなくて良い?

 平成28年3月11日東京地裁

【事実関係】

H21.8 原告と夫が結婚

H25.12 原告夫と被告が親しくなり不貞。いわゆる浮気の関係に

H27.7 被告が破産

H27.9 被告が免責許可決定(債務を支払わなくて良いとする裁判)をうける

 原告は、原告夫と被告との浮気の関係により精神的苦痛を被ったとして損害賠償請求訴訟を提起。

 被告は、浮気を争うことはしなかったが、上記免責決定により慰謝料請求権についても免責されていると主張。

 他方、原告は、原告の被告に対する慰謝料請求権は、免責されることのない債権(非免責債権)、具体的には「破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権」(破産法253条1項2号)であるとしてこれを争った。

【結論】

 原告の請求を棄却。つまり、被告の主張を認め免責を認めました。

 裁判所は破産法253条1項2号の「悪意」について、故意を越えた積極的な害意をいうとしたうえで、被告の浮気行為について「本件に顕れた一切事情から窺われる共同不法行為者である原告夫の行為をも考慮すると、被告が一方的に原告夫を籠絡して原告の家庭の平穏を侵害する意図があったとまで認定することはできず、原告に対する積極的な害意があったということはできない」と判断し、原告の慰謝料請求権を免責債権であると認定しました。

 破産法253条1項2号の「悪意」は上記のような解釈をとるのが通説です。もっとも、どのような場合に「故意を越えた積極的な害意」があるのかは明確ではありません。

 本件の場合、被告は原告夫が既婚者であるということはわかっていたようです。しかも、被告の夫(本件はいわゆるダブル不倫だったようです)から注意されたことがあったにもかかわらず、被告は不貞の関係を維持していたようです。

 「被告が一方的に原告夫を籠絡して原告の家庭の平穏を侵害する意図があったとまで認定することはできず」と裁判所は認定して非免責債権には当たらないと判断しています。

 不貞の関係がどちらかの一方的な「籠絡」により発生することはなかなか無いでしょうから、当該裁判所の認定に従えば、不貞、いわゆる浮気の慰謝料のほとんどは、浮気相手に破産されてしまうことにより取れなくなってしまうことになりかねず、個人的には疑問ですが、こういったリスクがあるという意味では参考になる判決です。

2017.07.04

【判例紹介】【離婚・男女】婚姻費用減額、男性が妻ではない女性との子を認知→減額を認めた事例

 平成28年2月19日決定、名古屋高裁

婚姻費用について妻と調停が成立した後、夫Aと別の女性との間に子が生まれました。その後、夫Aが子を認知したことを理由に、婚姻費用の減額を求めたのが本件です。

原審は、減額を認めるということは、夫Aの不貞行為を助長することになるのも同然として、夫の申立を認めませんでした。

しかし、名古屋高裁は結論を覆し、婚姻費用の減額を認めました。理由は、一言で言えば、その子(別の女性との子)にとっては、この夫Aこそが父であるからです。

親は子に対する扶養義務があります。本件の場合、婚姻費用の減額を認めないということは、別の女性との子に対する扶養義務を軽んじる結果となるわけですが、それを認める事は出来ないとしたわけです。

妻の視点から見ると理不尽かも知れませんが、生まれてきた子の福祉の視点から見ると、妥当な結論であると思います。もちろん、婚姻中であるにもかかわらず他の女性と関係を持ったことに関する、夫Aやお相手の女性の責任については別問題です。

2017.06.13

離婚・男女関係のご相談を多数頂いております

 平成29年4月に事務所を開設して以降、多数のご相談・お問い合わせを頂いております。

内容をみると、半数が離婚・男女関係のご相談で、あきる野市だけでなく、日の出、青梅、八王子等周辺地域において、当該分野に関する法的サービスを充実させる必要性を感じます。

当該分野の自己研鑽はもちろんのこと、ウェブサイト上での情報提供の充実も図りたいと考えておりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

カレンダー

«5月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

ブログ内検索

フィード

事務所案内

五日市法律事務所
〒190-0164
東京都あきる野市五日市190番地
なごみの森ビル4階

  • TEL:042-533-7112
ご相談依頼はこちら

 ブログ

この上でダブルクリックをして画像やリンクを挿入しましょう。

Copyright (C) 五日市法律事務所 All Rights Reserved.