解決事例のご紹介

実際に弁護士が担当し、解決した事案についてご紹介します。

離婚を頑なに拒む相手方に対し訴訟を提起をして和解により離婚を成立させた事例

事案の概要:妻によるモラルハラスメント事案。夫である依頼者が自分で調停を申し立てたが相手方夫は離婚を拒否して調停は決裂。訴訟段階から弁護士へ依頼。

解決の内容:離婚を求めて訴訟提起。それまでの妻によるモラルハラスメントの具体的内容を主張・立証したところ、裁判所から和解の勧めがあった。和解の協議を続けたところ、相手方が折れて離婚に同意。訴訟は和解により終結となった。

解決のポイント:

 相手が調停で離婚に応じなくても諦める必要はありません。別居期間が短いとしても、それだけで絶対に離婚できないわけでもありません。本件も別居期間はそれほど長くありませんでしたが、モラルハラスメントの具体的内容を主張立証し、同じ生活に戻ることはない旨の主張を強く打ち出した結果、相手からの譲歩を得られて和解となりました。

→解決事例のトップへ

ご相談・お問い合わせ

お気軽にご連絡ください。営業時間等により繋がらないこともございますが、留守番電話、メールを頂ければ必ず折り返し御連絡致します。

電話 042-533-7112

メールでのお問い合わせはご相談依頼フォームへ

移転しました(2021年5月10日)

おおだけ法律事務所
〒196-0003
東京都昭島市松原町4丁目11番17号
拝島・西武ビル3階

  • TEL:042-533-7112
Copyright (C) 五日市法律事務所 All Rights Reserved.