• ホーム
  • 解決事例
  • 子の監護者を母と認めさせた後に交渉により離婚が成立した事例

解決事例のご紹介

実際に弁護士が担当し、解決した事案についてご紹介します。

子の監護者を母と認めさせた後に交渉により離婚が成立した事例

事案の概要:子を連れて妻が別居。夫からは、子を取り返すべく子の監護者を夫とする旨の調停申立てを受けた。

解決の内容:子が全く問題ない環境で生活していることを主張立証し、調停決裂後の審判にて、監護者を母とする旨の結論を勝ち取る。

子を監護養育できる状況が確保できたので離婚については時間をかけて交渉し、協議離婚が成立した。

解決のポイント:

 依頼者(妻)は子を連れて別居後直ちに夫から調停申立を受け、当時は大いに慌てておられました。早期にご依頼いただいたので準備に時間を割くことができたため、子が全く問題ない環境で生活していることの主張立証を十分に尽くすことができました。監護者を母とする旨の審判を勝ち取った後は、離婚を急いでいるわけでもなかったため、じっくりと交渉することができるようになりました。

 調停は代理人なしでも進めて行くことは可能ですが、ご依頼いただく事により、今後の方針、見通しなどがクリアになって行きます。相談、ご依頼をお考えの方には、ともかく一度ご相談されることをお勧め致します。

→解決事例のトップへ

ご相談・お問い合わせ

お気軽にご連絡ください。営業時間等により繋がらないこともございますが、留守番電話、メールを頂ければ必ず折り返し御連絡致します。

電話 042-533-7112

メールでのお問い合わせはご相談依頼フォームへ

移転しました(2021年5月10日)

おおだけ法律事務所
〒196-0003
東京都昭島市松原町4丁目11番17号
拝島・西武ビル3階

  • TEL:042-533-7112
Copyright (C) 五日市法律事務所 All Rights Reserved.